家事効率を上げるランドリールームの作り方

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

私の世代だと

洗濯物は外で干すのが当たり前

部屋干しは生乾き独特のニオイがあるから避けたい

と思いがちですが、今は部屋干しが主流になってきているようです。

花粉やPM2.5などが洗濯物につかない、急に雨が降ってきても慌てなくていい

というメリットが大きいようです。

これから家を建てる人から、洗濯物を干す専用のスペースランドリールーム」を

ご要望いただくことが徐々に増えてきました。

 

でも、ただ洗濯物を干すだけのスペースにしてしまったらもったいないですよね。

そこで今回は家事効率をぐんと上げるランドリールームの作り方についてお話しします。

その① カウンターと収納スペースを設置する

洗濯物は取りこんだら終わりではありません。

干す→取りこむ→畳む→収納」までがワンセット。

ランドリールームですべてが完結できたら、家事が楽になると思いませんか?

せっかくランドリールームを作るのならば、

カウンター収納スペースも一緒に設置するのをお勧めします!

取りこんだ洗濯物をカウンターで畳んで、すぐに収納する。

洗濯物に関する動作を完結できるようにするのがポイントです!

また写真のように物干し竿の高さが調整できるようにすると、

干す物によって高さを変えることができるので便利ですよ。

 

その② お風呂・洗面所・キッチンと近い場所にする

家事はいくつも並行して行うことが多いですよね。

だからこそ、それぞれが近い場所にあると、とっても動きやすいですよ!

 

その③ バルコニー前にランドリールームを作る

水周りにはスペースが確保できない…という場合は、

バルコニー前にランドリールームを作ってみてはいかがでしょうか?

部屋干しでありながら十分な太陽の光を確保できるので、洗濯物が乾きやすいです。

居室空間と仕切りをつければ、部屋の中の湿度が高くなりすぎてしまうこともありません!

 

その④ 広すぎないスペースにする

ランドリールームは広くある必要はありません。

広いとかえって掃除が大変だったり、空間を無駄にしてしまいかねませんので

3帖くらいを目安に考えましょう。

 

その⑤ ガス乾燥機を利用する

早く乾き、ふっくら仕上がると、今とても人気のあるガス乾燥機を導入すれば

干すスペースは必要ありません!

洗濯機の上の設置できる大きさにすれば、省スペースのランドリールームが完成します。

 

アコルデではランドリールームの施工実績が多数ございます。

ご相談いただければ実際の生活感を交えながらお話しできますので、

お気軽にご相談くださいね。

ご要望に応じて様々なパターンがありますので、私達と一緒に理想の家を作りこみましょう!

カテゴリー: 施工例 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です