小田原市ってどんなところ? <住みたい街を見つけよう!⑦>

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

そろそろマイホームを建てようか」と考えはじめたとき、まず決めなければならないことは、家を建てる場所です。

 

教育環境がいい街がいい

スーパーがたくさんあって生活しやすい街がいい

賑やかで活気のあるところ

自然が身近に感じられて、都心へのアクセスもいいところ

など、ご家庭によって様々なご希望があると思います。

家を建てる土地環境は住み心地にも直結するため、しっかり吟味して決めましょう!

 

そこで今回は住宅のプロから見た、神奈川県の代表的な街の特徴をご紹介します。

第七回目は小田原市

これから家づくりを検討されている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

 

【小田原市の基本情報】

小田原市と言えば、神奈川県唯一の城下町

戦国時代には城下町として、江戸時代には宿場町として、

明治期には政財界人や文化人たちの別荘・居住地として、

いつの時代も神奈川県西部の中心地として栄えてきました。

アクセス面では、JR線、小田急線、箱根登山鉄道、伊豆箱根鉄道が走っていて、

小田原市内にある駅は、神奈川県の市で最多の18駅

東京に行くのはもちろん、近隣県に行くのもとても便利な環境です。

場合によっては車よりも電車の方が移動しやすい、ということも。

公園などのレジャースポットも充実しているので、のびのびと子育てがしたい!

という方にはぴったりです。

【小田原市の住宅事情】

小田原は人気の高いエリアで、土地価格は少し高め。

駅周辺には空き地が少なく、マンションが建つとすぐに売れてしまいます。

土地を探すなら駅から少し離れた場所を探すと、掘り出し物が見つかるかもしれません!

【小田原市の子育て事情】

完成な住宅街が多くある小田原市は、子育てしやすい環境と言えるでしょう。

子育て世帯も多く、教育施設も十分にあるのが嬉しいポイントです。

自然が多く、レジャースポットも多いので、

子どもたちを元気にのびのびと育てることができます。

市で運営する支援センターが多くあるなど、子育て支援も充実しているので

子育てができる環境を探しているという方には、ぜひお勧めしたいエリアです!

 

【観光スポットに気軽に行ける】

そもそも小田原市が観光スポットでもありますから、楽しめる場所は豊富です。

小田原城はもちろん、幅広い年齢層から人気のある小田原フラワーガーデンや

子ども達が大好きなわんぱくらんど、BBQやキャンプを楽しめるいこいの森など

遊ぶことに関しては事を欠きません!

箱根や伊豆、熱海のような非日常を楽しめる観光スポットも、

新幹線が走っている小田原からなら気軽にいくことができます。

 

【名物・かまぼこ】

小田原市の名物と言えば、何と言ってもかまぼこでしょう!

年末になるとおせちに入れるかまぼこを、全国各地から多くの人が買い求めに来ます。

そんな一流のかまぼこですが、小田原市民にとってはソウルフード。

気軽に美味しいかまぼこが食べられるのも、小田原市民の特権ですね。

 

神奈川県で家を建てたい人は、小田原市も検討してみてはいかがでしょうか。

小田原市で家を建てることになった際には、アコルデにぜひご相談くださいね!

 

平塚市ってどんなところ?

https://www.akorude.jp/blog/2021/01/21/sumitaimachi/

藤沢市ってどんなところ?

https://www.akorude.jp/blog/2021/02/11/sumitaimachi-2/

茅ヶ崎市ってどんなところ?

http://www.akorude.jp/blog/2021/03/23/sumitaimachi-3/

伊勢原市ってどんなところ?

http://www.akorude.jp/blog/2021/04/22/sumitaimachi-4/

厚木市ってどんなところ?

https://www.akorude.jp/blog/2021/05/18/sumitaimachi-5/

秦野市ってどんなところ?

https://www.akorude.jp/blog/2021/06/17/sumitaimachi-6/

カテゴリー: 家づくりのコツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です