「夏涼しく、冬暖かい」が叶う、アコルデの家づくり

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

突然ですが、皆さんは暮らしやすい家の条件は何だと思いますか?

造形や間取りももちろん大切ですが、住み心地という点では

一年中快適に過ごせること

が一番大切ではないでしょうか。

 

どんなに素敵な家を建てても、

夏はエアコンを入れても暑くて…」「冬は隙間風が入ってきて部屋が寒い

という家は、決して暮らしやすいとは言えませんよね。

そうならないためにも、家を建てるときは断熱性能もしっかりチェックしましょう!

 

 

アコルデでは、皆さんが快適に暮らせるように高断熱性能の家を提案しています。

まず、断熱材にはセルロースファイバーを使用

新聞紙を再利用して作られた断熱材で、様々な太さの繊維が絡み合って

空気の層を作るので、熱の出入りをしっかり遮ることができます。

 

 

また家の中でも熱の出入り口になりやすい窓にも、

樹脂サッシという断熱性を上げるサッシを使用しています。

アルミに比べて熱を伝えにくい樹脂でできているので、

外の熱を遮断して断熱性能をアップします。

 

さらに窓ガラスにはLOW-E複層ガラスを入れて、日射熱をカットします。

普通の板ガラスと比べて日射熱をカットするという優れモノです。

夏は太陽の熱を遮ってエアコンを効率よく運転することができますし、

冬は高断熱性能を発揮して部屋の熱を屋外に逃しません。

快適に過ごせるだけでなく、省エネにもつながります!

 

アコルデで家を建てた多くのお施主様から

とても住み心地がいい」と好評いただくのは、

この高断熱性能も理由のひとつかもしれません。

一生住み続ける家ですから、いつでも家族が快適に過ごせる空間でありたいですね!

高断熱性能の家づくりなら、アコルデにどうぞお任せください。

カテゴリー: 家づくりのコツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です