夏を快適に暮らすための一工夫

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

6月も後半になり、いよいよ梅雨明け目前となりました。

梅雨が明けたら、暑い夏がやってきます!

最近は酷暑が続いていますが、今年は例年よりもさらに暑くなる予想だとか。

涼しく過ごす工夫を取り入れて、元気に夏を乗り越えましょう!

家で過ごしていればエアコンがあるから暑さに悩まされることは少なくなりますが、

エアコンをつけっぱなしにしていると体がだるくなる…

電気代が心配…」と気がかりなことも多々あります。

そこで今回は、もっと夏を快適に暮らすための工夫をご紹介します。

ぜひ夏の生活に取り入れてみてくださいね!

 

高気密・高断熱の家にする

これから家を建てる方は、ぜひ高気密高断熱仕様もご検討ください。

高気密・高断熱の家にすれば、エアコン1台で家全体を心地よい室温に保つことだって不可能ではありません!

冷えた室温が外部温度に影響されて上がることもありませんし、快適な室温が長時間維持できます。

 

簾(すだれ)を付ける

太陽の光はとても強いエネルギーを持っています。

冬場は部屋に太陽の光が射し込むとポカポカと心地よいですが、夏はせっかくエアコンで冷えた空気が暖められてしまうことに。

そこで窓に簾を取り付けて、日差しが部屋の中に入らないようにしましょう

特に西日が射し込む部屋の窓に付けると効果的ですよ!

 

サーキュレーターで空気を循環させる

部屋全体の温度は、場所によって偏りがあります。

それを一定にするためにサーキュレーターなどを使って空気を循環させましょう。

そうすることで温度や風量の設定を変更することも少なくなりますし、風を感じることで体感温度が下がりますよ。

 

今年も酷暑になりそうですが、体調管理を万全にして元気に過ごしましょう!

暮らしにまつわる疑問などは、どんなことでもアコルデにお気軽にご相談くださいね。

カテゴリー: 家づくりのコツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です