アコルデの家は、夏涼しくて冬暖かい!

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

立春も過ぎて、春の足音が聞こえてくる時期になりました。

ぽかぽかと心地のよい日もあれば、まだまだ冬の寒さを感じる日が多い今日この頃。

着るものや室温管理が大変だったりしますよね。

 

 

一年を通して快適に過ごすためには、家づくりに大きなポイントがあるってご存知でしたか?

それは「断熱性能を上げること」です。

 

断熱性能とは

家の中の温度を外に逃がさない

外気温度を家の中に影響させない

という機能のことを言います。

 

断熱性能を上げることによって、一年を通して快適な室温で暮らすことができるんですよ!

だからアコルデで建てる家は、断熱性能の高さにこだわって、皆さんがいつでも心地よく暮らせる住環境をつくるようにしています。

 

アコルデでは『セルロースファイバー』という断熱材を使用して、機能性はもちろんのこと地球環境にも配慮した家づくりを行っています。

セルロースファイバーは古紙から作られるエコな素材

様々な太さの繊維が複雑に絡み合って作られた空気の層が、熱を伝えにくくしています。

もっと断熱性能を上げたい!」というご希望には、『ダブル断熱システム』を採用することも可能です。

ダブル断熱システムとは建物の外側を外断熱システム、内側にセルロースファイバー、と二つの断熱材を組み合わせた工法です。

お客様のニーズに合わせてお応えすることができるので、ご希望をお聞かせくださいね。

 

また窓も、『アルミ樹脂複合サッシ』や『LOW-E複層ガラス』などで熱エネルギーの行き来を調整することができます。

 

快適な住環境を手に入れるなら、断熱性能に注目して家づくりを行うことが成功の秘訣です!

ぜひ私たちアコルデに一度ご相談ください。

 

カテゴリー: 家づくりのコツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です