お財布と地球に優しい『ゼロエネルギー住宅』もアコルデにお任せください!

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

ゼロエネルギー住宅』という言葉を耳にすることはありませんか?

これは住宅を省エネルギー化することで、お財布にも地球にも優しい住まいのこと。

家で使うエネルギー(電力など)を創り出して、エネルギーの収支をゼロ以下にすることを目標にしています。

ZEH(ネット・セロ・エネルギー・ハウス/ゼッチ)』とも呼ばれています。

家づくりのポイントは「断熱」「省エネ」「創エネ」の3つの要素

それぞれについて基準を満たすと、補助金がもらえたりするほど、国が推進している住宅です。

アコルデではZEHにも対応できるような、ゼロエネルギー住宅もご提案しています。

断熱性能では、セルロースファイバーを始めとする断熱材はもちろん、窓や玄関の性能を高めることで断熱性能を上げていきます。

そうすることで冷暖房に使うエネルギーを減らすことができます。

 

そして省エネ性能では「HEMS(ヘムス)」という住宅内の消費エネルギーと太陽光発電などで創るエネルギーを確認できるシステムで各家電のエネルギー収支を管理していきます。

家電には省エネタイプのエアコン高効率な給湯システムLED照明の導入などで省エネに対応します。

 

最後に創エネ性能では、太陽光発電システムなどの再生可能エネルギーシステムを備えることが求められます。

ここで創り出されたエネルギーが、消費エネルギーを上回るようにしていきます。

 

以上のように、アコルデが建てるZEH基準の家では、断熱材や省エネ性へのこだわりに加え、発電効率最高クラスの太陽光システムを導入しているため、光熱費の大きな節約を期待することができます。

ZEHにご興味をお持ちの方は、ぜひアコルデにご相談ください。

カテゴリー: 家づくりのコツ | コメントする

明るい家にするために、知っておきたい「採光」テク

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

太陽の光が射し込む、明るい家にしたい!」というご要望。

多くのお施主様からいただきます。

太陽の光を家の中に取り入れる役割として窓がありますが、

だからと言って窓をたくさん設置すればいいというわけでもありません。

そこで今回は「採光」について詳しくお話しします。

家づくりの参考にしてみてくださいね!

 

採光の考え方① 部屋の明るさは窓の大きさに比例しない

窓が大きければたくさんの光が入る…というわけではありません。

室内の明るさは「部屋の中から見える空の広さを水平面に投影した面積に比例する

と言われています。

高い位置に設置している窓からは空がよく見えるので、太陽の光も多く部屋に入ります。

一方で低い位置に設置している窓はいくら大きくても見える空の面積が小さいため、光が入りにくい、というように考えます。

 

少しわかりにくいのですが、押さえておきたいポイントは

窓の大きさが同じなら、高い窓ほど明るい

天窓は側窓に比べて約3倍の照度になる

ということを覚えておきましょう。

部屋の中まで太陽の光を入れたいなら、このような天窓縦・横スリット窓がお勧めです。

 

採光の考え方 方位による光の入り方を知る

太陽は、東から登り西に沈むように、時間や方位によって在る位置が変化します。

この特性を知って、光をたっぷり入れたい部屋、逆になくてもいい部屋を考えて

取り付ける窓や間取りを決めましょう。

 

東面

朝日がたくさん入る東面。

ダイニングを東面に持ってくると、朝日がたっぷり差し込んで気持ちいいですよ!

 

西面

午後は明るく、部屋の奥まで光が入りやすいです。

しかし夏は日差しが強すぎるため、遮光対策が必要です。

横方向に光が入ってくるため、シェードブラインドなどを使って日差しを遮りましょう。

 

南面

一年中明るく日差しが入ります。

冬の日射量は西・東の2~3倍になるとも言われ、

特に夏は日差しが強くて、遮光対策が必要になることも。

太陽が高い位置にあるので、上方向からの日射遮蔽が必要です。

(ひさし)や深い軒などを取り入れましょう。

このように思い切ってサンルームにしてしまうという選択も素敵ですね!

 

北面

明るさは一年中安定しているものの、冬は直接光が入りにくいため

結露対策が必要になります。

 

太陽の光を上手に取り入れるためには、

どの部屋に、どのタイミングで太陽の光を入れたいか考えることがポイントです。

そうすれば自ずと窓の位置や形も決まってきます。

わからないことなどあれば、何でも遠慮なくアコルデのスタッフまでご相談くださいね!

一緒に理想の家を建てましょう。

カテゴリー: 家づくりのコツ | コメントする

家事効率を上げるランドリールームの作り方

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

私の世代だと

洗濯物は外で干すのが当たり前

部屋干しは生乾き独特のニオイがあるから避けたい

と思いがちですが、今は部屋干しが主流になってきているようです。

花粉やPM2.5などが洗濯物につかない、急に雨が降ってきても慌てなくていい

というメリットが大きいようです。

これから家を建てる人から、洗濯物を干す専用のスペースランドリールーム」を

ご要望いただくことが徐々に増えてきました。

 

でも、ただ洗濯物を干すだけのスペースにしてしまったらもったいないですよね。

そこで今回は家事効率をぐんと上げるランドリールームの作り方についてお話しします。

その① カウンターと収納スペースを設置する

洗濯物は取りこんだら終わりではありません。

干す→取りこむ→畳む→収納」までがワンセット。

ランドリールームですべてが完結できたら、家事が楽になると思いませんか?

せっかくランドリールームを作るのならば、

カウンター収納スペースも一緒に設置するのをお勧めします!

取りこんだ洗濯物をカウンターで畳んで、すぐに収納する。

洗濯物に関する動作を完結できるようにするのがポイントです!

また写真のように物干し竿の高さが調整できるようにすると、

干す物によって高さを変えることができるので便利ですよ。

 

その② お風呂・洗面所・キッチンと近い場所にする

家事はいくつも並行して行うことが多いですよね。

だからこそ、それぞれが近い場所にあると、とっても動きやすいですよ!

 

その③ バルコニー前にランドリールームを作る

水周りにはスペースが確保できない…という場合は、

バルコニー前にランドリールームを作ってみてはいかがでしょうか?

部屋干しでありながら十分な太陽の光を確保できるので、洗濯物が乾きやすいです。

居室空間と仕切りをつければ、部屋の中の湿度が高くなりすぎてしまうこともありません!

 

その④ 広すぎないスペースにする

ランドリールームは広くある必要はありません。

広いとかえって掃除が大変だったり、空間を無駄にしてしまいかねませんので

3帖くらいを目安に考えましょう。

 

その⑤ ガス乾燥機を利用する

早く乾き、ふっくら仕上がると、今とても人気のあるガス乾燥機を導入すれば

干すスペースは必要ありません!

洗濯機の上の設置できる大きさにすれば、省スペースのランドリールームが完成します。

 

アコルデではランドリールームの施工実績が多数ございます。

ご相談いただければ実際の生活感を交えながらお話しできますので、

お気軽にご相談くださいね。

ご要望に応じて様々なパターンがありますので、私達と一緒に理想の家を作りこみましょう!

カテゴリー: 施工例 | コメントする

小田原市ってどんなところ? <住みたい街を見つけよう!⑦>

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

そろそろマイホームを建てようか」と考えはじめたとき、まず決めなければならないことは、家を建てる場所です。

 

教育環境がいい街がいい

スーパーがたくさんあって生活しやすい街がいい

賑やかで活気のあるところ

自然が身近に感じられて、都心へのアクセスもいいところ

など、ご家庭によって様々なご希望があると思います。

家を建てる土地環境は住み心地にも直結するため、しっかり吟味して決めましょう!

 

そこで今回は住宅のプロから見た、神奈川県の代表的な街の特徴をご紹介します。

第七回目は小田原市

これから家づくりを検討されている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

 

【小田原市の基本情報】

小田原市と言えば、神奈川県唯一の城下町

戦国時代には城下町として、江戸時代には宿場町として、

明治期には政財界人や文化人たちの別荘・居住地として、

いつの時代も神奈川県西部の中心地として栄えてきました。

アクセス面では、JR線、小田急線、箱根登山鉄道、伊豆箱根鉄道が走っていて、

小田原市内にある駅は、神奈川県の市で最多の18駅

東京に行くのはもちろん、近隣県に行くのもとても便利な環境です。

場合によっては車よりも電車の方が移動しやすい、ということも。

公園などのレジャースポットも充実しているので、のびのびと子育てがしたい!

という方にはぴったりです。

【小田原市の住宅事情】

小田原は人気の高いエリアで、土地価格は少し高め。

駅周辺には空き地が少なく、マンションが建つとすぐに売れてしまいます。

土地を探すなら駅から少し離れた場所を探すと、掘り出し物が見つかるかもしれません!

【小田原市の子育て事情】

完成な住宅街が多くある小田原市は、子育てしやすい環境と言えるでしょう。

子育て世帯も多く、教育施設も十分にあるのが嬉しいポイントです。

自然が多く、レジャースポットも多いので、

子どもたちを元気にのびのびと育てることができます。

市で運営する支援センターが多くあるなど、子育て支援も充実しているので

子育てができる環境を探しているという方には、ぜひお勧めしたいエリアです!

 

【観光スポットに気軽に行ける】

そもそも小田原市が観光スポットでもありますから、楽しめる場所は豊富です。

小田原城はもちろん、幅広い年齢層から人気のある小田原フラワーガーデンや

子ども達が大好きなわんぱくらんど、BBQやキャンプを楽しめるいこいの森など

遊ぶことに関しては事を欠きません!

箱根や伊豆、熱海のような非日常を楽しめる観光スポットも、

新幹線が走っている小田原からなら気軽にいくことができます。

 

【名物・かまぼこ】

小田原市の名物と言えば、何と言ってもかまぼこでしょう!

年末になるとおせちに入れるかまぼこを、全国各地から多くの人が買い求めに来ます。

そんな一流のかまぼこですが、小田原市民にとってはソウルフード。

気軽に美味しいかまぼこが食べられるのも、小田原市民の特権ですね。

 

神奈川県で家を建てたい人は、小田原市も検討してみてはいかがでしょうか。

小田原市で家を建てることになった際には、アコルデにぜひご相談くださいね!

 

平塚市ってどんなところ?

https://www.akorude.jp/blog/2021/01/21/sumitaimachi/

藤沢市ってどんなところ?

https://www.akorude.jp/blog/2021/02/11/sumitaimachi-2/

茅ヶ崎市ってどんなところ?

http://www.akorude.jp/blog/2021/03/23/sumitaimachi-3/

伊勢原市ってどんなところ?

http://www.akorude.jp/blog/2021/04/22/sumitaimachi-4/

厚木市ってどんなところ?

https://www.akorude.jp/blog/2021/05/18/sumitaimachi-5/

秦野市ってどんなところ?

https://www.akorude.jp/blog/2021/06/17/sumitaimachi-6/

カテゴリー: 家づくりのコツ | コメントする

憧れのベイエリアで暮らすときに注意すべきこと

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

神奈川県はどの市町村も人気がありますが

特にベイエリアブランド化していると言ってもいいほど

憧れを持つ方が多くいらっしゃいます。

そんなベイエリアですが、実際に住むとなると注意してほしいこともあります。

「住んでみたら意外と大変だった…」ということにならないように

いくつか例をご紹介いたしますので、参考にされてみてくださいね。

ベイエリアならではのお悩みと言えば、塩害

塩分を含んだ風や雨が家に侵入することによって、劣化してしまうことです。

家の金属部分はもちろんのこと、自転車バイクなども例外ではありません。

その他にも植物が育ちにくいということも。

洗濯物も外干しをすると塩を含んでしまうので、部屋干しがメインになります。

また、塩によって家の汚れが目立ちやすいということも挙げられます。

水分が蒸発して析出した塩は、白く目立ちます。

外壁や窓ガラスが曇るのはもちろん、放置していると家も傷みやすくなるので、

頻繁なお手入れをお勧めします。

特に台風や風の強い日の後は要注意!

いつもより塩を多く含んでいるため、しっかり水洗いをしましょう。

 

もしZEHのように、太陽光発電システムを家に設置したいとお考えの方は特に注意です!

太陽光発電パネルは「海岸から500m以内の重塩害地域では設置不可

としているメーカーがほとんどです。

どうしても…という方は、他のエリアを選ばれることをお勧めします。

 

アコルデではベイエリアの施工実績も多くあります。

もし神奈川のベイエリアで家を建てたいとお考えなら、

経験に基づいたアドバイスをいたしますので、どうぞ安心してお任せくださいね!

カテゴリー: アコルデについて | コメントする

いろんな家のニッチを見てみよう!⑨【施工事例まとめシリーズ】

 

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

今回はアコルデが今まで手掛けてきた家のニッチを一挙紹介!

「みんな、ニッチをどうやって活用しているの?」

「そもそもニッチって何?」

と思っている方の参考になれば嬉しいです。

家づくりの参考にしてくださいね!

 

※ニッチとは…家の壁面にくぼみを作り、スペースを設けること

キッチンカウンターの壁面に作ったニッチは、マガジンラックとして使える大きさに。

料理本も、ここに収納すればいつでも気軽に取り出せます。

もちろんお気に入りのアイテムを飾るスペースとしても◎

細々としたモノが散らばりやすい洗面台は、ニッチを利用した収納でスッキリ。

扉が付いていないから、濡れた手でも出し入れしやすいのがポイント

インターフォン給湯器パネル照明スイッチなどを、ニッチ内にまとめました。

出っ張りがなくなるので、体をぶつけてしまうこともありません。

一緒に設置したコンセントは、ニッチの奥行を利用して

スマホなどの充電スペースとしても活用できます。

ニッチの壁面に、タイルをモザイク柄に敷き詰めました。

シンプルな壁のアクセントとなって、空間がぐっとおしゃれに!

かわいらしい、家型のニッチ

ちょっとした遊び心を取り入れられるのも、注文住宅のメリットです!

 

これからも定期的に施工事例まとめシリーズを展開していきますので、

どうぞお楽しみに!

 

いろんな家の外観を見てみよう!

https://www.akorude.jp/blog/2020/11/19/gaikanmatome/

いろんな家のキッチンを見てみよう!

https://www.akorude.jp/blog/2020/12/15/kitchenmatome/

いろんな家のリビングを見てみよう!

https://www.akorude.jp/blog/2021/01/19/sekoujirei-2/

いろんな家のバスルームを見てみよう!

https://www.akorude.jp/blog/2021/02/04/sekoujirei-3/

いろんな家のバルコニーを見てみよう!

https://www.akorude.jp/blog/2021/03/16/balcony/

いろんな家の和室を見てみよう!

https://www.akorude.jp/blog/2021/04/15/sekoujirei-4/

いろんな家の照明を見てみよう!

https://www.akorude.jp/blog/2021/05/28/sekoujirei-7/

いろんな家のトイレを見てみよう!

https://www.akorude.jp/blog/2021/06/15/toiletjirei/

カテゴリー: 施工例 | コメントする

知りたい!家づくりのこだわり ~アコルデの施工事例⑧~

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

今回は

これからアコルデで家を建てたいけれど、どんな様子なの?

と、思っている方に向けて、アコルデで実際に施工した事例をもとにお話いたします。

家づくりは楽しい反面、大変なこともあります。

そんな裏話もしっかりお伝えできればと思っています。

お施主様の希望を叶えるまでのストーリーをご覧ください。

 

【事例⑧ 平塚市 N様】

 

ご来場いただいたきっかけ

ご実家の建て替えをご依頼いただいたのが、最初の出会いでした。

その後お兄様の家も当社で建築していただき、N様とは長くお付き合いがありました。

そしてご自身の新築工事のご相談でご来場いただきました。

 

 

設計でこだわった部分は?

ご実家の建て替えで採用した室内の塗り壁やステンドグラスのドアを

N様邸でも取り入れたいとのことでした。

ドアは通常使用していないメーカーでしたが、メーカーと当社でやり取りを行い

現場でも調整をして無事に取りつけることができました。

 

 

お施主様が設計で満足されたところは?

輸入住宅の様にそれぞれのお部屋で違う色の塗り壁にすることで

可愛らしく包まれるような雰囲気になり、大変ご満足いただきました。

 

 

大変だったところは?

屋上と小屋裏収納を両方設けたいとご要望がありました。

法律上階段を別々に作らないといけないため、

他の部分への影響も大きく設計に苦労しましたが、N様のご要望を実現しました。

 

 

嬉しかったことは?

土地からお探しでしたので、当社グループの不動産にご依頼いただきました。

土地探しからご一緒させていただき、無事にご希望に叶う土地が見つかりよかったです。

 

このようにアコルデは理想の家が完成するよう、力を尽くします。

初めてのマイホーム建築なら、アコルデにどうぞお任せください。

カテゴリー: 施工例 | コメントする

「夏涼しく、冬暖かい」が叶う、アコルデの家づくり

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

突然ですが、皆さんは暮らしやすい家の条件は何だと思いますか?

造形や間取りももちろん大切ですが、住み心地という点では

一年中快適に過ごせること

が一番大切ではないでしょうか。

 

どんなに素敵な家を建てても、

夏はエアコンを入れても暑くて…」「冬は隙間風が入ってきて部屋が寒い

という家は、決して暮らしやすいとは言えませんよね。

そうならないためにも、家を建てるときは断熱性能もしっかりチェックしましょう!

 

 

アコルデでは、皆さんが快適に暮らせるように高断熱性能の家を提案しています。

まず、断熱材にはセルロースファイバーを使用

新聞紙を再利用して作られた断熱材で、様々な太さの繊維が絡み合って

空気の層を作るので、熱の出入りをしっかり遮ることができます。

 

 

また家の中でも熱の出入り口になりやすい窓にも、

樹脂サッシという断熱性を上げるサッシを使用しています。

アルミに比べて熱を伝えにくい樹脂でできているので、

外の熱を遮断して断熱性能をアップします。

 

さらに窓ガラスにはLOW-E複層ガラスを入れて、日射熱をカットします。

普通の板ガラスと比べて日射熱をカットするという優れモノです。

夏は太陽の熱を遮ってエアコンを効率よく運転することができますし、

冬は高断熱性能を発揮して部屋の熱を屋外に逃しません。

快適に過ごせるだけでなく、省エネにもつながります!

 

アコルデで家を建てた多くのお施主様から

とても住み心地がいい」と好評いただくのは、

この高断熱性能も理由のひとつかもしれません。

一生住み続ける家ですから、いつでも家族が快適に過ごせる空間でありたいですね!

高断熱性能の家づくりなら、アコルデにどうぞお任せください。

カテゴリー: 家づくりのコツ | コメントする

契約後の流れが知りたい!

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

アコルデで家を建てることに決めたけれど、その後はどんな流れになるの?

というお話しを耳にすることがあります。

そこで今回は契約後どのようにして家づくりが進むか、簡単にご説明しますね。

皆様の家づくりにお役立てください。

 

①プランのお打ち合わせ

これから実際に建てる家のお打ち合わせに入ります。

まずはモデルハウスを活用して、窓や水周りなど実物を見ながらお打ち合わせを行います。

回数はお客様が納得するまで、詳細まで、お打合せしていきます。

多いと感じるかもしれませんが、アコルデでは10回以上かかることが多く、満足のいく家を建てるなら、自然とそうなってしまうので

思ったよりも負担がなかった」「打合せが楽しくて、終わると寂しい」と言われる方がほとんどです。

 

お打ち合わせではチェックリストをご用意しています。

これをチェックすれば自分の理想の家が建てられるよ!」という、アコルデの知識と経験を詰め込んだリストです!

だから家づくりに不安がある方でも、どうぞご安心してお任せください。

 

プランのお打ち合わせでは

・間取り

・配置

・屋根形状

・窓の位置、サイズ、種類

をまずは決めていきます。

ご希望をお伺いしながらシュミレーションソフト使いその場でご希望を形にしていきます。3Dパースでは内観や外観をシュミレーションできますので、イメージがしやすいと好評です!

 

②仕様のお打ち合わせ

大枠が決まったら、今度は細かい仕様を決めていきます。

・電気配線、照明、水周りプランの確認

・外装

・内装

・その他、物干しや外部水栓など

基本的にはサンプルを組み合わせたり、イメージ写真をご覧いただきながら、図面で設置個所を決めていきます。

照明や水周りプランは、ご希望であれば各メーカーショールームにてカラーやタイプをお選びいただきます。

最終的には今までお打ち合わせした内容を、図面・仕様表・プレゼンボード・お見積りをまとめてご覧いただき、確認します。

 

すべてが決定したら、お打ち合わせは終了。

いよいよ工事のスタートです!

 

アコルデで家を建てたら、家づくりの知識がたくさん身についた!」というような、嬉しいお土産つきのお打ち合わせです(笑)。

お打ち合わせの回数はお施主様によって異なりますが、せっかくなら楽しんで家づくりをしましょう!

これから家を建てるなら、アコルデにどうぞお任せくださいね。

 

カテゴリー: 施工例 | コメントする

リモートワーク時のワーキングスペース、どうする?

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

リモートワークが一般的になった今、家の中でどうやって集中して仕事のできる場所を作るか、多くの方がお悩みのようですね。

アコルデでも、今お打ち合わせをしているお施主様から「ワーキングスペースが欲しい」というご要望が増えています。

そこで今回は、使い勝手のいいワーキングスペースの作り方についてお話しします。

【仕事部屋の数】

お仕事をされるのがご主人様だけ、という場合はワーキングスペースはひとつで問題ないと思いますが、ご夫婦共働きの場合、それぞれにワーキングスペースを作ることをお勧めします。

Web会議のようなとき、お互いの声が入らないように別々に作った方が何かと便利ですよ。

 

【どこに作る?】

例えばひとつを完全個室にして、もうひとつはキッチンの一角に作る。

というように分けて作るのはいかがでしょうか?

完全個室は集中して仕事をしたいときに、キッチンの一角のワーキングスペースでは家事や子どもの面倒をみながら仕事をするときに、と使い分けることができます。

 

【どれくらいの広さが必要?】

完全個室であれば2帖分のスペース程度でも作れます。

背面に大きな本棚を設置して、全面にカウンターを造りつければ、ワーキングスペースの完成です。

キッチンの一角に作るのであれば、家事動線の中に落ち着いて座れるスペースを確保できれば十分かと思います。

 

【ワーキングスペースの実例】

ダイニングの一角に設置したワーキングスペース。

家族の様子を見ながら仕事ができる空間です。

階段の周辺にあるデッドスペースを有効活用!

こちらは階段下の空間をワーキングスペースにしました。

こちらは階段の踊り場をワーキングスペースに。

開放的な空間で仕事ができますよ。

自然素材やランプ風照明を取り入れて、コテージのような雰囲気にしたおしゃれなワーキングスペースは、クリエイティブな仕事が捗りそうな場所になりました。

 

ワーキングスペースは将来お子様の勉強場所としても使うことができますので、作っておいて無駄になることはありません。

これから家を建てる方は、ぜひご検討くださいね。

満足度の高い住まいをつくりなら、アコルデにお任せください!

 

カテゴリー: 施工例 | コメントする