充実した内装設備で暮らしを豊かに!

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

家族が暮らす居住空間は、家づくりで一番力を入れたくなる部分なのではないでしょうか。

自分好みのテイストの部屋にしたいというのは、誰もが思うこと。

だからこそ、それを叶えられる標準設備があるかどうかはチェックしておきたいですよね!

 

アコルデではバリエーション豊かな床・ドア・壁紙からお好みのものをお選びいただけるので、理想の部屋をつくることができます。

時代に流されないスタンダードな空間はもちろん、お店の様なオシャレな空間、リゾートホテルのようなリラックスしたできる空間など、皆さんの理想をしっかり叶えます。

 

どんな部屋にしたいかを事前にイメージを固めておくと、スムーズに打ち合わせが進みますよ!

もちろん、「どんな部屋にしたらいいのか迷っている」という方もご安心ください。

スタッフがご家族にふさわしいデザインをご提案いたします。

あと、欠かせないのがトイレやキッチン、お風呂といった住宅設備

日々の暮らしやすさにダイレクトに影響する部分ですから、妥協したくないところでもあります。

アコルデでは設備は過度に豪華すぎず、バランスのとれた機能性を重視して取り揃えています。

使い勝手やお手入れのしやすさはもちろんのこと、節水や節電なども考え抜かれた商品ですから、「これが欲しかった!」という設備が見つかると思います。

 

私達が揃えている標準の住宅設備は、「契約した後から追加料金がなるべくかからないように」という点を重視して選んでいます。

だからこそ安心してお好きなものをお選びいただければと思います。

 

もし迷うことなどがあれば、どんなことでもアコルデにご相談ください。

カテゴリー: 家づくりのコツ | コメントする

家事楽動線が知りたい!<整理収納編>

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

家を建てる時に意識したいのは、動線作りです。

動線設計で暮らしやすさが決まると言っても過言ではありません。

できるなら家事の負担が楽になるような動線がいいな…と思う方はとても多くいらっしゃいます!

そこで気になる家事楽動線について、アイディアをご紹介していきます。

 

第3回目は整理収納編

ぜひ家づくりの参考にしてくださいね。

玄関→LDKの動線上に!ただいまクローゼット

玄関からLDKへ続く動線上に、ランドセルやバッグ、コートなどをしまえる大容量の収納を。

部屋の中に入る動線上にあるから、お子様でも無理なく片付けが完了します!

一緒に手洗いコーナーも設置すると、手洗い・うがいの習慣も身につきますよ。

キッチン付近に!パントリー

安い時期にまとめ買いしたけれど、収納場所に困る…。

そんなことがないように、日用品をストックするパントリーはあった方が絶対に便利です。

冷蔵庫を近くに設置すれば、パントリーにしまうもの、冷蔵庫にしまうものの仕分けも楽々です。

玄関付近に!土間収納

アウトドア用品やベビーカー、自転車、雨具など、部屋の中へ収納するには少し抵抗を感じるものってありますよね。

そこで、そんなものをまとめて収納できる土間収納はいかがでしょうか。

家の中に土や砂を持ち込むことはありませんし、掃除も楽ですよ。

 

家事楽動線が知りたい!<キッチン編>

http://www.akorude.jp/blog/2021/02/18/kajidousen/

 

家事楽動線が知りたい!<洗濯編>

http://www.akorude.jp/blog/2021/03/30/kajiraku/

カテゴリー: 家づくりのコツ | コメントする

お家も衣替えしませんか?

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

2021年の立夏は5月5日

早いもので暦上では5月から初夏となりますね。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

気持ちのいい日が続いています。

この爽やかな気候が楽しめるのも、梅雨まで。

それまで、思う存分満喫しましょう!

 

さて、そろそろ夏になると考えると、やらなければならないことのひとつとして、衣替えがあります。

洋服の衣替えは毎年行っていますが、家の衣替えはされていますか?

と質問してみたものの、家の衣替えに明確な定義はありません(笑)。

しかし、たまには家の雰囲気を変えると、新鮮な気持ちになるものです。

「模様替えは手間がかかるからちょっと…でも部屋の雰囲気を変えたい!」

そんな時は、ぜひ家の衣替えをしましょう!

今回は「ここを変えれば部屋の雰囲気をかえることができる!」というポイントをご紹介します。

参考にしてみてくださいね。

カーテン/ラグ

カーテンやラグの様に部屋の中でも広い面積を占める部分を変えると、わかりやすく部屋の雰囲気が変わりますよ。

もし日常的にラグを敷いているようであれば、ラグを取ってフローリングを活かすのもお勧めです。

クッションカバー

ソファーに置いてあるクッションカバーを変えてみましょう。

部屋のアクセントとなるような色や柄を選ぶと、雰囲気を変えることができますよ。

観葉植物を置く

大きな観葉植物を置くもよし、小さな観葉植物をいくつか置くもよし。

グリーンが部屋の中にあると、瑞々しい空間になります。

小さい観葉植物であればワイヤープラントなどを使って上から吊り下げたりしてもおしゃれです。

 

手軽に部屋の雰囲気を変えるには、ファブリックと言われる部分を変えることがポイントです。

ぜひ家を衣替えして、新鮮な気持ちで夏を迎えてくださいね!

 

カテゴリー: 家づくりのコツ | コメントする

伊勢原市ってどんなところ? <住みたい街を見つけよう!④>

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

そろそろマイホームを建てようか」と考えはじめたとき、まず決めなければならないことは、家を建てる場所です。

 

「教育環境がいい街がいい」

「スーパーがたくさんあって生活しやすい街がいい」

「賑やかで活気のあるところ」

「自然が身近に感じられて、都心へのアクセスもいいところ」

など、ご家庭によって様々なご希望があると思います。

家を建てる土地環境は住み心地にも直結するため、しっかり吟味して決めましょう!

 

そこで今回は住宅のプロから見た、神奈川県の代表的な街の特徴をご紹介します。

第四回目は伊勢原市

これから家づくりを検討されている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

 

 

【伊勢原市の基本情報】

神奈川県の中央に位置する、伊勢原市。

海には面していませんが、有名な大山があって伊勢原市のシンボルになっています。

また、大学が多く、産学官の協同が進んでいるアカデミックな街です。

電車は小田急線と相鉄線が走っていて、都内や横浜へアクセスしやすい環境です。

また新東名高速道路をはじめとする広域幹線道路の設備も進んでいます。

これから大きく変わる街と言えるでしょう。

 

【落ち着いたのどかな暮らし】

伊勢原市は自然豊かで落ち着いた雰囲気の住宅地。

駅前には昔ながらの商店街をはじめ、スーパーや飲食店など、暮らしに必要なお店は一通り揃っています。

治安もよく、子育てにも抜群の環境と言えるでしょう。

 

【自然を楽しむレジャーも充実】

伊勢原市の観光名所と言えば、大山。

大山の絶景を見に全国各地から観光客が集まりますが、その景観を日常風景として見られるのは魅力的ですよね。

伊勢原市に住めば、大山が身近な存在となり登山やハイキングなども気軽に楽しめますよ!

 

【土地の購入は今が狙い目?】

海沿いの市と比較すると、土地は比較的購入しやすい価格です。

しかしこれからもっと便利になっていく伊勢原市。

さらにコロナ疎開で都心部から移住を検討されている人も多くいらっしゃいます。

伊勢原市の土地を検討するなら、一見の価値アリです!

 

神奈川県で家を建てたい人は、伊勢原市も検討してみてはいかがでしょうか。

伊勢原市で家を建てることになった際には、アコルデにぜひご相談くださいね!

 

平塚市ってどんなところ?

https://www.akorude.jp/blog/2021/01/21/sumitaimachi/

藤沢市ってどんなところ?

https://www.akorude.jp/blog/2021/02/11/sumitaimachi-2/

茅ヶ崎市ってどんなところ?

http://www.akorude.jp/blog/2021/03/23/sumitaimachi-3/

 

 

カテゴリー: 家づくりのコツ | コメントする

リフォームもアコルデにお任せください!

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

もうすぐゴールデンウィークですね!

緊急事態宣言は解除されたとはいえ、まだまだ気を引き締めて感染防止をしなければなりません。

気兼ねなく外に遊びに行けるようになるのは、もう少し先になるかもしれませんね。

でも、せっかくの長期休暇。

何もしないのはもったいないですよね!

もし時間に余裕があるようであれば、居住空間を暮らしやすい環境になるよう、家をチェックしてみましょう!

アコルデといえば新築一戸建てのイメージが強いかもしれませんが、実はリフォームも行っています

外壁塗装の塗り直しはもちろん、水周り外回りなど、リフォームにおいて色々と行っております。

実際に「家のことはアコルデに相談すれば何とかなるよね」と認識してくださっているOB様達が多く、様々な依頼をいただいています。

外壁のリフォーム業者が来たのだけど、一度見てもらえないですか?」というご相談をOB様から受け、アフターメンテナンスも兼ねて点検にいくこともあります。ご説明してご安心していただいたり、またリフォームの相談もお受けすることもあります。

 

住み始めて10年、20年と経過していて、度気になるようなことがあればリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

住まいのことで気になることがあれば、いつでもアコルデのスタッフまでご相談くださいね。

カテゴリー: アコルデについて | コメントする

いろんな家の和室を見てみよう!⑥【施工事例まとめシリーズ】

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

今回はアコルデが今まで手掛けてきた家の和室を一挙紹介!

和室を作るか迷っている…

和室のデザインってどんなものがあるの?

と思っている方の参考になれば嬉しいです。

家づくりの参考にしてくださいね!

丸窓が印象的なモダン和室です。

和紙調スクリーンを設置して、太陽の光が優しく部屋の中に差し込むようにしました。

リビングに設計した小上がりの和室空間

へりのない畳を市松模様に配置して、デザイン性を高めました。

これぞ和室!と言える、純和室。

和室には欠かせない、ふすまや障子なども設置して正統派な仕上がりに。

部屋の一角につくった畳コーナー

障子や格子を設置して雰囲気を高めました。

無垢材を使って、和室コーナーを温かみの感じられる雰囲気に。

小上がりの下部分は収納スペースとして有効活用しています。

 

これからも定期的に施工事例まとめシリーズを展開していきますので、

どうぞお楽しみに!

 

いろんな家の外観を見てみよう!

https://www.akorude.jp/blog/2020/11/19/gaikanmatome/

いろんな家のキッチンを見てみよう!

https://www.akorude.jp/blog/2020/12/15/kitchenmatome/

いろんな家のリビングを見てみよう!

https://www.akorude.jp/blog/2021/01/19/sekoujirei-2/

いろんな家のバスルームを見てみよう!

https://www.akorude.jp/blog/2021/02/04/sekoujirei-3/

いろんな家のバルコニーを見てみよう!

https://www.akorude.jp/blog/2021/03/16/balcony/

 

 

──────────────────────────

住まいづくりは幸せづくり

〜すべての住宅に心をこめます〜

株式会社 アコルデ

本社 〒254-0013 神奈川県平塚市田村3-6-29

Tel 0463-51-5788

▼HP

https://www.akorude.jp/

▼Instagram

https://www.instagram.com/akorude.jp/?hl=ja

──────────────────────────

 

 

 

カテゴリー: 施工例 | コメントする

知りたい!家づくりのこだわり ~アコルデの施工事例⑤~

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

今回は

これからアコルデで家を建てたいけれど、どんな様子なの?

と、思っている方に向けて、アコルデで実際に施工した事例をもとにお話しいたします。

家づくりは楽しい反面、大変なこともあります。

そんな裏話もしっかりお伝えできればと思っています。

お施主様の希望を叶えるまでのストーリーをご覧ください。

 

 

事例⑤ 横浜市 O様

お施主様のこだわりは?

どうしてもこれがいい!」というキッチンのご希望をいただいていました。

当社では取り扱ったことのないショップでの商品でしたがO様のご希望を叶えたいという想いから、慎重にお打ち合わせを進めて無事に取り付けることができました。

設計でこだわった部分は?

屋根の高さに関わる法律が厳しく、2F天井の高さに影響が出てしまうことに。

天井が低くなる場所には階段やトイレ収納などを配置し、天井が高くなる場所にはホールや子ども部屋にすることで解放感が得られ、勾配天井を活かした設計となりました。

 

打ち合わせで生まれたアイディアは?

LDKに段差を作りたい」とご要望をいただきました。

床を下げるのは工事に影響が大きかったため、床を上げる設計に。

床が上がったために天井が低くなってしまった部分には、折り上げ天井を採用することを提案しました。

そうすることで梁が見えるようになり、天井も高くなった上にデザイン性も高くなり、素敵な空間に仕上がりました。

お施主様が設計で満足されたところは?

外観、内観ともにしっかりとした理想のイメージをお持ちでしたので、出来上がりが全体的に理想通りだと大変よろこんでいただきました。

造作洗面はデザインはもちろんのこと、使い勝手を考えて棚の寸法やホース付きシャワーを採用しています。

外観はラップサイディングを採用し、輸入住宅のような雰囲気に。

工事中にご近所を通りがかった方から「素敵な外観ですね。使っている材料を教えてください」とお問い合わせが入ったほどです。

 

このようにアコルデは理想の家が完成するよう、力を尽くします。

初めてのマイホーム建築なら、アコルデにどうぞお任せください。

カテゴリー: 施工例 | コメントする

外壁にもとことんこだわる、アコルデの家づくり

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

いよいよ4月に入りました。

いつになっても新年度が始まる時期は、身も心も引き締まりますね。

この春から新生活を迎えた方も多いのではないでしょうか。

家族のライフスタイルが変化すると、心地よい住まいの在り方も変わります。

もし今お住まいの家で「もっとこうなったらいいな」というご希望があれば、どうぞお気軽にアコルデまでご相談くださいね。

 

さて、今回は家づくりの中でも重視したい、外壁についてお話しします。

家づくりを検討されている方は、ぜひ参考にされてください。

皆さんもご存知の通り、外壁は常に外に晒されている状態。

紫外線や雨風、ちりや粉じん、排気ガスなどで、とても汚れやすい部分です。

しかし自分達で掃除をするには重労働で、手をつけにくい場所でもあります。

「汚れが気になるけれど、そのままにしてしまっている」ということがないように、家づくりの段階で外壁の汚れを防止しましょう!

 

アコルデではセルフクリーンの外壁が標準仕様になっています。

付着した汚れを雨水で繰り返し落とせるという高機能な外壁です。

また外壁を施工する際に使用するシーリング材も、雨、湿気、熱に負けない接着性を持つものを厳選して使用。

強い耐久性もあるため、劣化がしにくいというメリットも。

アコルデの外壁は、セルフクリーンで手間がかかりにくい塗料と、耐久性のあるシーリング材で、メンテナンスの手間を必要最低限に抑えることが可能です。

より手間をかけたくない!という場合は、オプションでランクアップすることも可能ですので、お気軽にお申しつけください。

 

メンテナンスによって家計への負担も変わってきますので、外壁もしっかりこだわってくださいね。

家づくりのことなら、どんなことでもアコルデにご相談ください。

カテゴリー: 家づくりのコツ | コメントする

家事楽動線が知りたい!<洗濯編>

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

家を建てる時に意識したいのは、動線作りです。

動線設計で暮らしやすさが決まると言っても過言ではありません。

できるなら家事の負担が楽になるような動線がいいな…と思う方はとても多くいらっしゃいます!

そこで今回から家事楽動線について、アイディアをご紹介していきます。

第二回目は洗濯編

ぜひ家づくりの参考にしてくださいね。

 

 

【洗う→干す→たたむを一ヵ所でできるランドリースペース】

洗濯の大変なところは、一ヵ所で完結しないところ

濡れて重くなった洗濯物を持って移動して、干して、取りこんで、たたんで…など、工程は家事の中で一番多くあるのではないでしょうか

それを少しでもラクにするために、洗う→干す→たたむを一ヵ所で完結できるランドリースペースはいかがでしょうか。

収納も設置すれば、洗濯が一ヵ所で終わりますよ!

 

【クローク型室内物干し場】

たたんでしまう工程を省いた、クローク型室内物干し場です。

室内干しスペースをクローク型にすることで、洗濯物は干すだけで終わり!

毎日着るYシャツなどに便利ですよ。

 

【ただいま動線】

家から帰ってきて、着替えて、洗濯機へ。

そんなスムーズな導線で、部屋の中に洗濯物が散らかることを防ぎます

玄関の近くにファミリークロークを設け、洗面脱衣室までシームレスにつながる動線を確保します。

小さなお子様でも自分で洗濯物を持っていくことが習慣になりますよ!

 

これ以外でも「こんなことできないかな」というご希望があれば、お気軽にアコルデのスタッフまでご相談くださいね。

 

家事楽動線が知りたい!<キッチン編>

http://www.akorude.jp/blog/2021/02/18/kajidousen/

 

カテゴリー: 家づくりのコツ | コメントする

お子様の成長に合わせた収納計画

こんにちは、アコルデのインテリアコーディネーターの清水畑です。

 

いよいよ3月も終わりが見えてきました。

4月からは新年度。

お子様が保育園・幼稚園・小学校へ進学するというご家庭も多いのではないでしょうか。

新生活はワクワクと期待で胸が弾むものの、生活が大きく変化する一大イベント。

用意は万全ですか?

 

新生活の準備で忘れてはならないことは、

新しく買ったものをどこにしまうか?」ということ。

物を買いそろえても、収納場所がなかったら散らかってしまう一方です。

そこで今回は新生活で考えたい収納計画についてお話します。

 

 

【収納はリビングに】

お子様がまだ小学生以下の場合、わざわざ鞄をしまいに自分の部屋には行きませんので、収納はリビングにつくることをお勧めします。

それにまだ小さなお子様の場合、自分の部屋よりもリビングで生活する時間の方が、圧倒的に多いです。

リビングにファミリークロークを作っておくと、とても便利ですよ!

 

【土間にも収納スペースを】

玄関の土間にもちょっとした収納スペースをつくっておきましょう。

ハンガーラックを設置する、というようなもので構いません。

冬場はコートをかける場所としても使えますし、濡れたレインコートなどをかけておく場所としても便利です。

部屋の中に持っていくのは少し抵抗のあるアウトドア用品なども気軽にしまえるので、土間を使った収納スペースはおすすめです!

 

小さなお子様はまだまだ親御様のサポートが必要ですが、できることから自分でやるようになってもらいたいですよね!

そのためにも自分でやろうと思える仕掛けをつくってあげることがポイントです。

お子様の成長にあわせた収納計画、ぜひご検討くださいね!

カテゴリー: 家づくりのコツ | コメントする